Home » 会計事務所選びのポイント

会計事務所選びのポイント神奈川県川崎市川崎駅付近の会計事務所 AP総合税務会計事務所 

 

会計事務所選びのポイント

お客様のニーズと相性が会計事務所選びの大切な要素となります。

会計事務所に求めるニーズ

お客様が会計事務所に何を求めるのかをご検討いただいて、その要望を会計事務所に問い合わせてみて下さい。

そのうえで、お客様のご要望にあった会計事務所が良い事務所であると思います

税理士との相性

お客様と税理士は、顧問という形で末永いお付き合いになると思います。

また、長く付き合わなければ、税理士の本当の良さはわからないと思います。

長く付き合うという意味では、知識はもちろんですが、税理士の人柄やお客様との相性も大切だと思います。

実際に会ってお話頂いてご自身の判断で税理士を選んで頂く、この考え方が大切です。

税理士を探されるにあたっての選択基準

ご自身で事業を行っている経営者の方にとって、税理士はもっとも身近な存在です。
他の人には相談できないことも税理士には相談できるという関係が、経営者と税理士のあるべき関係だと思います。

企業の生存率は、1年後には60%、5年後には15%、10年後には6%といわれています。
さらには廃業率が開業率を上回るという厳しい環境にある中小企業にとって、経営の相談ができる税理士がいるかいないかは、企業の成長・発展にとって重要な要素といえます。
にもかかわらず、顧問税理士が年配の方で、相談しにくい関係にあるというご相談をよく頂きます。
とくに事業承継が行われて後継者の方が社長になったケースや会計事務所を取引先から紹介された方などは、税理士が年上で話しづらいというご相談をよく頂きます。

現在の税理士と何でも相談できる関係にあるか改めて見直してみてください!

また、ネット社会により情報を多く知ることができ、さらには国際化の進展により、経済社会は急速に変化しています。このように急速に変化する時代においては経済・社会もそうですが、税法もたくさんの改正が毎年行われています。

時代の潮流に乗れている税理士かどうか見直してみてください!

大手税理士法人などで良くある傾向ですが、担当者がそもそも税理士の資格を持っていないというケースもあります。
税務調査では、税理士でないと立ち会いが認められておらず、また税理士でないと本来はお客様の税務相談に応じてはいけないと規定されています。
さらには、会計事務所の経営方針により担当者が数年ごとに変わり、会社の内容を改めて説明しなくてはいけないという問題が発生します。

資格を持った税理士で担当替えなどなく末永く付き合える関係か見直してみてください!

2014 神奈川県川崎市川崎駅付近の会計事務所 AP総合税務会計事務所